HOME

鍼灸で使われる針シールは様々な症状に疲れる

鍼シールはコリに限らず、他の症状に悩まされている場合にも活用することができます。たとえば、ほうれい線や目の下のクマを治したいとき、あるいは肌荒れが酷いときには顔に貼ることでケアすることが可能です。鍼シールが問題なく貼れる場所であれば、どこにでも使えますし、貼る枚数に上限はないですからぜひ試してみてください。単純に気になる部分に貼っていくだけではなく、ツボを意識して鍼灸用鍼シールを使うのもひとつの手段になります。たとえば、眼精疲労を改善したいなら足にある行間(こうかん)や光明(こうめい)といったツボがあるので、そこに貼るなどして鍼シールを活用してみる方法がおすすめです。ツボの場所をきちんと把握していないとなかなか難しいものですが、実践していくうちにツボが正確にどこにあるのかを把握していくこともできるでしょう。
鍼シールの貼り方ですが、特に制限はありません。何枚貼ってもいいですし、貼る時間も決まっているわけではないので、1週間くらい貼っていても特に問題はありません。深く刺すわけではないので、貼りながら激しい運動をしても大丈夫です。皮膚が弱い場合には貼りっぱなしだとかぶれてしまう可能性があるため、そこは注意しなければなりません。湿布薬のように時間が経ったら効果が切れるというものではありません。鍼シールは基本的に長時間使えるので非常に便利です。

choices

目の下にできたクマを薄くする作用がある美容鍼灸

一口に目の下のクマと言っても原因によって種類が分かれます。主なクマは次の3種類です。・青グマストレスや疲れがたまったとき、睡眠不足のときなどにできるクマです。血流が悪くな…

≫more

専門家じゃなくても使える鍼灸用の針シールとは

専門的な治療を受けられる鍼灸院に行かずとも、鍼シールを使えば気軽に治療をすることも可能です。シールタイプの針であれば、専門家ではなくても簡単に使えるようになっていますから安心できます。鍼シールは…

≫more

鍼灸治療が苦手な人も使える針シールが向いている人とは

シールタイプを使用するのに向いているのは主に痛みに弱い人です。短くて細い針が付いているだけの鍼シールは、痛みを感じることがほとんどありません。そのため、鍼灸治療に興味は持っているけれど、針を使う…

≫more

鍼灸で使われる針シールは様々な症状に疲れる

鍼シールはコリに限らず、他の症状に悩まされている場合にも活用することができます。たとえば、ほうれい線や目の下のクマを治したいとき、あるいは肌荒れが酷いときには顔に貼ることでケアすることが可能です…

≫more