HOME

目の下にできたクマを薄くする作用がある美容鍼灸

一口に目の下のクマと言っても原因によって種類が分かれます。主なクマは次の3種類です。

・青グマ
ストレスや疲れがたまったとき、睡眠不足のときなどにできるクマです。血流が悪くなり、血中の酸素が不足しているため、血の色が黒っぽくなり、目の下の皮膚の薄いところが青っぽく見えるのが特徴です。青グマができると、疲れた顔に見えてしまいがちです。

・黒グマ
加齢などにより、目の周囲の筋力が弱くなってくると目立ちやすくなるクマです。筋力が衰えると肌の弾力も失われてくるため、たるみができやすくなり、影の部分が黒くくぼんで見えるようになります。黒グマは加齢が主な原因ですから、黒グマが目立つとどうしても顔が老けて見えてしまいます。

・茶グマ
アレルギーやアトピーなどで頻繁に目の周りをこすったり、メイクの成分をきちんと落とさなかったりして、目の周りの皮膚に負担がかかると起こるのが茶グマです。茶グマは目の周りの薄い皮膚が繰り返し刺激されたことで起こる、角質の肥厚化や色素沈着が原因です。ほかの種類のクマと違い、皮膚が厚くなったり、色素が沈着したりしたことによって茶色く見えているため、どちらかというと対策が難しいクマです。

美容鍼は、目の下にできたクマを薄くする作用も期待できます。美容鍼は人間がもともと持っている自然治癒力をうまく利用した美容法ですから、副作用などの心配は要りません。ただし、血流不足でできる青グマ、老化によって目立ってくる黒クマ、摩擦などの刺激によって色素が沈着した茶グマなど種類によって対処の仕方が微妙に違ってきます。自分のクマがどのタイプなのかを正しく見極めたうえで、美容鍼の効果を上手に利用するようにしましょう。

choices

目の下にできたクマを薄くする作用がある美容鍼灸

一口に目の下のクマと言っても原因によって種類が分かれます。主なクマは次の3種類です。・青グマストレスや疲れがたまったとき、睡眠不足のときなどにできるクマです。血流が悪くな…

≫more

専門家じゃなくても使える鍼灸用の針シールとは

専門的な治療を受けられる鍼灸院に行かずとも、鍼シールを使えば気軽に治療をすることも可能です。シールタイプの針であれば、専門家ではなくても簡単に使えるようになっていますから安心できます。鍼シールは…

≫more

鍼灸治療が苦手な人も使える針シールが向いている人とは

シールタイプを使用するのに向いているのは主に痛みに弱い人です。短くて細い針が付いているだけの鍼シールは、痛みを感じることがほとんどありません。そのため、鍼灸治療に興味は持っているけれど、針を使う…

≫more

鍼灸で使われる針シールは様々な症状に疲れる

鍼シールはコリに限らず、他の症状に悩まされている場合にも活用することができます。たとえば、ほうれい線や目の下のクマを治したいとき、あるいは肌荒れが酷いときには顔に貼ることでケアすることが可能です…

≫more